哲、この部屋 4/28(金)版


仕事も連ドラ『ブスの瞳に恋してる』の撮影のみで、のんびりボケッと。
こういう時期は必ずカミさんとケンカになる。
ほんと、仕事してる方が楽。

家ではDVDで映画。
ちょこっとジムに行って、夜は芝居を観て、その後出演者や知り合いと酒。
深夜帰宅、バタンキュー。

「もっと生産的で自分のためになることしなさいよ!!クサルよ」
ハイ、分かってんだけどいつものパターン。
変えられないよ、30年これでやってんだから。
結局、こうやってウダウダ飲んで、ああだこうだ言って人生終わるんだろうな。

若い頃はつかこうへいや唐十郎の芝居ばかり観てた。
色々真似もした。
でも最近は俳優の心意気に感動するようになってきた。
本や演出や演技よりも、板の上に立っている根性というか存在の方が大事で、その事に感動する。
観てよかった、よし頑張るぞというエネルギーをもらう。サビた感性を洗い落としてくれる。

映画も同じ。『隠し砦の三悪人』『パッチギ』『猟奇的な彼女』『マルサの女』を一日で観る。
感動で涙が出る。

「観ない?」とカミさんに。
「もう少し努力して自分に投資しなさい」と言われた。
[PR]
by tetsu_watanabe | 2006-05-08 16:42 | 雑記
<< 「ブスの瞳に恋してる」 1ヶ月の戦いが終わった! >>