カテゴリ
全体
雑記
未分類
公式ホームページ
以前の記事
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月


哲、この部屋


カミさんと旅に出た

3年ぶりにカミさんと旅に出た。
母の米寿の祝いを温泉でする。

当日朝、家を出るまでが大変。私は5分で準備終了だが、
カミさんの持ち時間はプラス15分が相場。
メイク、着る物などなどごちゃごちゃ考えて、その上ああでもない、こうでもないと。

一緒に玄関を出たつもりが、カミさんがいない。
トムに別れを言い、メシとトイレのことを懇々と言い聞かせている。相手は猫。
トムは正座をしてカミさんを見上げて、ちゃんと聞いている様子が伺える。
習慣とは恐ろしいものだ。
私のイライラが少し収まった(今日は一悶着がない)。

家を出たらすぐ昼食の話。
私は食べる気ないのだが、駅弁はどこでどんなのを買うか、飲み物は?

・・・新幹線のホームに上がったらカミさんが消えた。
“旅は駅弁から”が20代のころからのカミさんのモットー。
私は吉野家の特盛弁当。よって駅弁には全く興味なし。

カミさんがニコニコ顔で帰ってきた。機嫌がいい。
見ると、駅弁2つではなく、駅弁1つとパン1つ。
「お~、わかってるじゃないの!!」

いつもの一悶着がない。
今回は面白そうな旅が始まりそうだ。


2007.3.8 デイリースポーツ掲載
[PR]
by tetsu_watanabe | 2007-03-20 13:32 | 雑記
<< 哲、この部屋 哲、この部屋 >>