ありふれた奇跡


脚本家山田太一さんが久しぶりに連続ドラマを書いた。
来年1月から始まるドラマ『ありふれた奇跡』

先日少し撮影してきた。
ト書きが殆どなく、台詞も短いけど一字一句変えてはいけない。
当たり前のことだが、言いやすいように変えたり
アドリブOKの昨今、王道って感じである。

当然通しで何回もリハーサルをして探り、正解を見付けていく。
時間は掛かるが充実したもの作りができた感じである。
誠実に丁寧に!

あー、気持ち良かった。



[PR]
by tetsu_watanabe | 2008-12-25 14:50 | 雑記
<< 楽屋話 ロケ終了 >>