<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

哲、この部屋


共演は14歳の宇宙人

TVの連続ドラマ13本の撮影に入っている。かなり時間的にきつい。
スタッフ、共演者は皆、若いから元気。
その中で一番年寄りが私である。

初日の現場、スタッフの1人が来て
 「息子さんと同級生の大久保です。家にも遊びに行きました」
 「へぇ~、何してるの?」
 「照明です」
息子の友達と仕事をするようになったかと、妙な緊張感を覚えた。

共演者も14、21、22歳・・・3人足して丁度私の年。
お~い、平均が3分の1かよぉ!?

14歳の女優さん、私には宇宙からやってきた小動物(可愛いので
緊張している。ああ、おじさんである)。
休み時間、会話の話題を探すが出てこない。
ふだん女優さんとは喋る方なのだが、30代が多い。
 
 「どう、現場おもしろい?」
 「ハイ」
 「何年くらいやってるの?」
 「ハイ、10年です」
 「4歳から?すごいね」
 「そんなことないです、ハイ」

相手は直立不動、なんか警察の尋問みたいになってしまった。
彼女とはこれから1ヶ月付き合う。
自分がどう打ち解けていくか、彼女にどんな変化が生まれるのか、楽しみではある。

でも、役者の世界って何かヘンだ、やっぱり。
俺がって!?


2007.3.15 デイリースポーツ掲載
[PR]
by tetsu_watanabe | 2007-03-29 19:03 | 雑記

哲、この部屋


カミさんと旅に出た

3年ぶりにカミさんと旅に出た。
母の米寿の祝いを温泉でする。

当日朝、家を出るまでが大変。私は5分で準備終了だが、
カミさんの持ち時間はプラス15分が相場。
メイク、着る物などなどごちゃごちゃ考えて、その上ああでもない、こうでもないと。

一緒に玄関を出たつもりが、カミさんがいない。
トムに別れを言い、メシとトイレのことを懇々と言い聞かせている。相手は猫。
トムは正座をしてカミさんを見上げて、ちゃんと聞いている様子が伺える。
習慣とは恐ろしいものだ。
私のイライラが少し収まった(今日は一悶着がない)。

家を出たらすぐ昼食の話。
私は食べる気ないのだが、駅弁はどこでどんなのを買うか、飲み物は?

・・・新幹線のホームに上がったらカミさんが消えた。
“旅は駅弁から”が20代のころからのカミさんのモットー。
私は吉野家の特盛弁当。よって駅弁には全く興味なし。

カミさんがニコニコ顔で帰ってきた。機嫌がいい。
見ると、駅弁2つではなく、駅弁1つとパン1つ。
「お~、わかってるじゃないの!!」

いつもの一悶着がない。
今回は面白そうな旅が始まりそうだ。


2007.3.8 デイリースポーツ掲載
[PR]
by tetsu_watanabe | 2007-03-20 13:32 | 雑記